競売不動産の購入をトータルサポート! 物件調査・入札代行・引き渡しまで、安心してお任せください!

TEL03-6721-5444(日祝休)
お問い合わせフォーム

STEP1 競売の基礎知識

競売とは、裁判所(国)を通じて不動産を買う制度です。
債務者が返済不能になった際、担保として提供していた土地や建物などの不動産を、債権者が裁判所に申し立て、裁判所を介して売却します。裁判所は少しでも高く買ってくれる人に売却し、その代金を債務の弁済にあてるのです。

競売手続きの流れ

競売に関するよくある質問はこちらでご確認ください。

STEP2 競売のリスクとメリットを知ろう

競売の取引は、一般物件と性質が異なるため、メリットとリスクを理解しておくことが重要です。

競売のメリット 競売のリスク
一般市場価格より物件価格が安い!
競売不動産は、一般物件と比べて約30~40%安く購入できる可能性があります。
物件の内覧ができない
競売では、原則、物件の明け渡しまで内覧することができません。
入札金額を自分で決めることができる
競売の場合、入札金額(物件価格)をお客様ご自身で決めることができます。
瑕疵担保責任がない
明け渡し後に物件に欠陥が見つかっても、元所有者や裁判所はその欠陥に対する補償を行いません。
お宝物件・特殊物件に巡り合える!
一般市場には出回りにくい一棟ビルや旅館も出回ることがあります。
明け渡し時のトラブルの可能性がある
物件の明け渡しも裁判所は一切関与しないため、やり方を間違えるとトラブルになりかねません。
裁判所が手続きするので安心
競売は裁判所が管理しているため、所有権移転手続き等は公正・確実に行われるので、安心です。

詳しくはこちらのページもご覧ください。

STEP3 入札手続きを知ろう

入札の流れと必要な書類は下記の通りです。

  1. 物件の公告
    全国の物件情報は不動産競売物件情報981.jpで検索できます。
    公告から2週間後に入札の受付が開始されます。
  2. 入札書類の入手
    入札に必要な書類を、その物件を管轄する裁判所から取り寄せる必要があります。
  3. 保証金の納付
    物件ごとに決められている買受申出保証金を,、指定の振込用紙で振り込みます。
    この保証金を振り込まなければ、入札参加の権利が得られません。
  4. 入札
    入札受付期間は1週間です。受付期間中に
    ・入札書
    ・入札保証金振込証明書
    ・住民票(個人の方)

    を裁判所に直接持参するか、郵送して入札は完了です。
  5. 開札
    入札受付終了の1週間後の開札期日に最高価買受申込人(落札者)を決定します。
  6. 売却許可・代金納付
    入札価格から保証金を除いた残金を、裁判所に納付します。

↑ PAGE TOP