競売不動産の購入をトータルサポート! 物件調査・入札代行・引き渡しまで、安心してお任せください!

TEL03-6721-5444(日祝休)
問い合わせフォーム

一般取引との違い

競売不動産を購入する際に気を付けておきたいのが、適用される法律が違うという点です。
そのため、一般物件では当たり前のことが競売では通用しないことがあります。

一般取引 競売取引
適用される法律 民法・宅地建物取引業法 民法・民事執行法
売主 法人・個人 国(裁判所)
買主保護 ×
事前の内覧
購入後の瑕疵担保責任 ×

一般取引で適用される「宅地建物取引業法」は、買主の利益の保護と不動産の流通の円滑化を図る目的でつくった法律のため買主が不利にならないようになっていますが、競売についてはその法律の適用がありません。あくまでも、すべてにおいて買主の自己責任で購入することが大前提となります。

<a href='http://www.freepik.com/free-vector/read-time_813882.htm'>Designed by Freepik</a>

では、競売不動産はリスクが高いから、やめておいた方がいいのでしょうか?
そんなことはありません。その物件が購入後、きちんと利用できるかどうかを入札前に見極められれば問題ありません。
その見極めに欠かせないのが、公告される競売不動産に関する資料(3点セット)です。

次は、そんな3点セットの見方についてご説明します。

↑ PAGE TOP