競売不動産の購入をトータルサポート! 物件調査・入札代行・引き渡しまで、安心してお任せください!

TEL03-6721-5444(日祝休)
問い合わせフォーム

競売資料(3点セット)の見方

3点セットとは以下の3つの資料のことを指します。

1)物件明細書 裁判所書記官が現況調査報告書や評価書等の資料を検討してまとめたものです。
物件の所在地や構造、面積などのほか、占有状況や権利関係の記載がされています。
2)現況調査報告書 執行官が物件の現地で調査を行い、聴取した内容がまとめられています。
3)評価書 売却基準価格を決定する根拠が記載されています。
不動産鑑定士である評価人が作成しています。

<a href='http://www.freepik.com/free-vector/variety-of-document-icons_771097.htm'>Designed by Freepik</a>

公告されるすべての物件に、この3点セットがあります。これらの資料を総合的に見て、この物件が果たして購入後にきちんと利用できるのかどうかを判断していきます。
この3つの資料の中で最も重要なのは、物件明細書です。

物件明細書

物件明細書はA4サイズ1枚に簡単にまとめられていますが、ここを見落とすと、落札後に「こんなはずじゃなかった…」ということが起こってしまう可能性もありますので、しっかりと確認する必要があります。

物件明細書


1…別紙の物件目録に物件概要の記載があります。

2…法定地上権が成立する場合、記載があります。
 何もない場合は「なし」と記載されています。

3…借地権や賃借権などの内容が記載されています。
 何もない場合は「なし」と記載されています。

4…物件に占有者がいる場合、記載があります。

5…管理費等の滞納がある場合等に記載があります。

所有者や占有者が何者なのか、法律上どんな権限があるか、滞納金等がないかどうか等を確認します。記載してある各項目の内容の理解がとても重要ですが、法律関係の内容ですので、一般の個人の方には馴染みのない用語も多く、分からない部分が多いはずです。

競売サポートを利用し、競売のプロのアドバイスを参考にしてください。

↑ PAGE TOP